エックスサーバーへの移転完全マニュアル⑨(無料独自SSL入手と常時SSL化)

その⑨です。

前回のその⑧へ戻る

楽をさせてください(笑)

ただし、エックスサーバーにドメイン移管、もしくは新規取得している場合のみ、今回で言うお名前.comから移管していない、移管出来ない場合は無視してください。

これに関してはこちらの設定を見ればわかります。

エックスサーバーでの無料常時SSL化

ただし、これにも書いてありますが、単にこれだけでは常時SSL化になりません。

また、この設定をしたからと言ってすぐにSSL対応するわけではなりません。

SSLとは

SSLとは簡単に言えば「安全なサイトですよ~」という証明を与えてくれるモノ。GoogleもSSL化しているサイトを優遇?するみたいな話も出てきますし無料何でやっておいた方が良いでしょう。

PR

1~2時間SSLに対応するまで時間がかかると言われています。

上のマニュアルでSSL化したらWordpressの設定と.htaccessを弄る必要があります。

<IfModule mod_rewrite.c>
#webサイトの常時SSL化
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

# wwwなしに統一
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.saisyuppatu\.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://saisyuppatu.com/$1 [R=301,L]
</IfModule>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
# END WordPress

# BEGIN EWWWIO
# キャッシュを有効にする
Header set Cache-Control “max-age=2628000, public”

# キャッシュ設定
<IfModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresByType image/jpg “access 1 year”
ExpiresByType image/jpeg “access 1 year”
ExpiresByType image/gif “access 1 year”
ExpiresByType image/png “access 1 year”
ExpiresByType text/css “access 1 month”
ExpiresByType text/html “access 1 month”
ExpiresByType application/pdf “access 1 month”
ExpiresByType text/x-javascript “access 1 month”
ExpiresByType application/x-shockwave-flash “access 1 month”
ExpiresByType application/javascript “access 1 month”
ExpiresByType application/x-javascript “access 1 month”
ExpiresByType image/x-icon “access 1 year”
ExpiresDefault “access 1 month”
</IfModule>

# ファイル圧縮設定
<IfModule mod_deflate.c>
AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/vnd.ms-fontobject
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-opentype
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-otf
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-truetype
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-ttf
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE font/opentype
AddOutputFilterByType DEFLATE font/otf
AddOutputFilterByType DEFLATE font/ttf
AddOutputFilterByType DEFLATE image/svg+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE image/x-icon
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
</IfModule>
# END EWWWIO
ModPagespeed On

全部消してこれに書き直してください。なお赤字の部分は自分のサイトのURLに変更。

その後Wordpressに移って「設定」→「一般」

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

この部分に入っているhttp:https:に書き換え保存します。

これで完了。

スポンサーリンク

最後にネームサーバ変更

移管した場合でも、ネームサーバがエックスサーバーに向いているか確認してください。

ドメインをエックスサーバーへ移行した場合

今度はインフォパネルへログインします。

そうすると

登録してあるドメインがこんな感じになってるかと思います。

したら赤い□のドメインをクリックしてください


後は上のネームサーバーの変更をクリック

エックスサーバーのネームサーバーを入力するをクリック

ネームサーバーの変更(確認)をクリック

これで完了。

これで順次エックスサーバーへ移動していきます。

ドメインをお名前に残したままの場合

お名前.comのドメインナビへログイン。

画面上左端のNaviTOPをクリック。

下へスクロールしネームサーバーを変更するをクリック


「やめて~出て行かないで~(´;ω;`)」という感じに出てきますので、サクッと登録情報は正しいのでクリック!


上の他のネームサーバーを利用をクリック


そしたらこの画面になりますので上から順番に

ns1.xserver.jp

ns2.xserver.jp

ns3.xserver.jp

ns4.xserver.jp

ns5.xserver.jp

をそれぞれにコピペして確認へ進んでOK

完了したらメールが届くと思いますので、これでお名前にドメインを任せながらサーバーはエックスサーバーを使うという設定完了です。

何度も言いますが、Whois代行も無料だし、SSLもお名前は月々100円だしで早い所移管した方が得です。

今までの契約残数+エックスサーバーで契約した1年分プラスなので無駄はありません。

いやぁお疲れさまでした!

何か問題が発生したら教えてください!

ではヾ(@⌒ー⌒@)ノ