エックスサーバーへの移転完全マニュアル⑤(お名前にFFFTP接続、BackWPupプラグイン設定)

その⑤です。

前回のその④に戻る

まずBackWPupプラグインで記事のデータベースのバックアップを取りましょう。

当然ですが、記事を更新したら、その都度この動作を繰り返して反映しないといけません。サーバーの移動完了とこの完全マニュアルが終わったころには記事を更新したら新しいサーバーに記事が保存されるようになってます。

どれぐらいで移転作業が終わるか不安な方は、終わるまでは記事をストップさせるのも手ですし、一日一回記事を更新と決めてる方は、ここで一旦ストップして次の記事を朝一書いた後に移転作業をしましょう。

なお、プラグインに関してはサイトデータになります、こちらはFFFTPで移動させますが、かなり時間がかかるので、終わるまでは新規追加を行わない&設定は変えない事をお勧めします。

最悪記事はすぐにバックアップとインポート(アップ)はあっという間に終わりますので更新してしまっても大丈夫。

じゃ行きます。

スポンサーリンク

BackWPupプラグインダウンロードと設定

まず、プラグインをクリック

新規追加をクリックしBackWPupを検索しダウンロードと有効化してください。

出来たら

ダッシュボード左にBackWPupが追加されてますのでそこから新規ジョブを追加クリック


一般タブをクリックし、ジョブの名前を分かりやすい名前に。

「サーバー移転用データベースバックアップ」などがおススメ。

ジョブタスクはデータベースのバックアップだけチェックし、後は全部外してください。


下までスクロールしZIPをクリックで大丈夫…だと思います。

そしてフォルダーへバックアップにチェックを入れる。

赤い□以外は全部チェック外してください。

一番下の「変更を保存」クリック。

PR


DB(データベース)バックアップタブをクリックし、赤い□に全部チェックを入れてください。この通りに出来たら「変更を保存」をクリック


そしたら一番上に、上の画像が出ますので「今すぐ実行」クリック


バックアップをクリック


この画面が出ますので、適用の横の所を先ほど名前を付けたデータベースバックアップにし、「先を変更」をクリック


先ほど「実行」したモノが一番上に来ているかと思います。念のため先ほどの時間、多分5~10分前の時間になってるか確認し、ダウンロードをクリック


そうするとPCのダウンロードフォルダの中に、データがダウンロードされたかと思います。

それを開いて行くと、「●●●●●●.sql」というファイルがあるかと思います。

これが記事のデータベースの内容になります。他のものは使いません。このsqlファイルの場所だけ覚えておいてください。

お名前.comにFFFTPを使い接続

この画面の①FTP・SSHアカウントのみクリック。(この画面はお名前ドットコムサーバーナビから行けるコントロールパネル。ひとつ前の完全マニュアル④に行き方あり)


①②③を全部メモって下さい


①ftp.saisyuppatu.com(このブログの場合、皆さんの場合はそれぞれのドメインの前に「ftp.」を付けるだけです。

②2個上の画像の③のFTPサーバー名

③2個上の画像の①のアカウント

④2個上の画像の②のパスワード

これでOK

移転完全マニュアル④を見ている前提で書いていますが、当然新規追加してXサーバーとは違う名前、お名前はこの設定になります。

また

この設定はお名前の場合必須になるかもしれません。読んでいないまたは、FFFTPの使い方をよくわからない方は移転完全マニュアル④を見ておいてください。

接続したら


まずこれを覚えておきましょう。

一番上の接続はFTPで接続する際のボタン。

その下のフォルダは左が一個戻る、右側はデスクトップやダウンロードなど保存場所は開く場所を指定します、クリックしてみたら分かります。

また③(左窓)④(右窓)二つありますが、左側がPC、右側がサーバー。

左と右でファイルやフォルダをクリックしたまま移動し離す(ドラッグ&ドロップ)してPCとサーバー間でフォルダファイルをやり取りします。右から左に移せばサーバーのファイルをPCにダウンロード。

左から右に移せばPC上にあるファイルやフォルダをサーバー上にアップロード。

今回はお名前.comにあるファイルすべてをPC上にダウンロードしますので右から左に移す作業になります。左に関しては上の画像のフォルダアイコンの右側クリックし、デスクトップなどにダウンロードすると分かりやすいかと思います。

次に行きます。

エックスサーバーへの移転完全マニュアル⑥(FFFTPでサイトファイルをお名前からダウンロード)