LPOとSEOとライティングを簡単にするテンプレート作成(Excel、Googleスプレッドシート他)

( ノ゚Д゚)おはようございます!

先日書いた記事のなかで紹介した

SEOとLPOとライティングを考慮した記事を作成するためのテンプレート作成(Excel)

についての問い合わせがありました!

これがバズったのかな?汗

んで

「うまくいかないんですが!!!(゚д゚)!」

という問い合わせがあったので、今日はこれについてちょっと紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

SEOとLPOとライティングについて

SEOとは

SEOは皆さんご存知サーチエンジン最適化…で合ってるかな?汗

タイトルなどに入れ込んだキーワードで検索上位に表示させる手法。

タイトルにだけ狙ったキーワードを入れたとしても中々上位には表示されません。

見出しや記事本文中に狙ったキーワードを5%ほど散りばめる事で上位表示されやすいと言われています。当然ですが記事の質も大事。

LPOとは

ライティングページ…最適化?で合ってるかな?(笑)

パソナ手法

とか

私が現実社会でよく使っていた

AIDAMの法則

AISASの法則

も有名ですね。

早い話、広告やWEBサイトの構成を最適化することで、購買意欲を煽ることを目的とした手法、作成者が望んだ動きをさせる手法です。

商品を購入してもらったり、クリックしてもらったり。

色々あるのですが、基本的には

①商品の特長

②口コミ

③ベネフィット(商品を使う事でどのようなメリットがあるかなど)

④権威付け

などを順序良く見出しにし、それに沿った記事を書くことでこちらが制御する手法です。

商材や扱う内容によって組み合わせは無限にあるため詳しい構成は割愛しますが、順番を組み合わせる、読者の気持ちになって構成するのが肝。

ライティングとは

これに関しては私自身がもっとも出来ていない事ですので説明を入れるなんておこがましいですが

・いかに記事を楽しく読み進めてもらえるか

を意識して文章を書く技術だと思っていただければいいかと思います。

SEOとLPOとライティングを意識した記事テンプレートとは

ここまであげた

  • SEO
  • LPO
  • ライティング

を意識しつつも自然と出来るようにする雛型を作ってしまおうという発想。

  1. 商品の特長
  2. 口コミ
  3. ベネフィット(商品を使う事でどのようなメリットがあるかなど)
  4. 権威付け

順番については適当ですが、これを例にしていきます。

例えばこれを見出しにする場合。

<h2>「商品名(任意)」の特長</h2>

<h2>「商品名(任意)」の口コミ</h2>

<h2>「商品名(任意)」のメリット</h2>

<h2>「商品名(任意)」の受賞歴</h2>

こんな感じのHTMLに置き換えられるわけです。

見出しにそれぞれ商品名やそれに付随するキャッチコピーキーワードを入れ込む事で、ある程度キーワードボリュームを調整できます。

当然これら見出しに沿った内容を間に入れていけば自然とLPOも意識した作りになる。

ライティングに関しては個々の技術の問題になりますが

<h2>「商品名(任意)」の口コミ</h2>

<p>「商品名(任意)」の口コミをAmazonや楽天や口コミサイトから集めてきました!</p>

のように最初からある程度決まった文言に関しては入れ込んでしまえばいい。

また

などの商品紹介ページへのリンク画像も、リンクURLが商品ごとに決まっているだけで、画像URLに関しては変わりはないので、LPOを意識して配置すればいい。

本題

ただこれをコピーしペーストすればいいだけなのですが、せっかくなら商品名やキャッチコピーの入れる位置が決まっている訳ですので、自然とすべてに反映されるようにしたかったわけです。

そこで使用したのがExcel。

これに関してはGoogleスプレッドシートでも良いですし、その他表計算ソフトでも同じように出来るかと思います。

テンプレートの作製方法

これに関してはExcelを使っている方なら誰でも出来るかと思いますが一応。

また、私の場合、LPOを考慮したExcelシートを配布予定ですので、めちゃくちゃ簡単な関数を使って、どのバージョンでも動くようにしていますが、自分で作られる方は、もっと動きの良いものでも良いかと思います。

私の場合

  1. 商品名とキャッチコピーを入れるシート、マクロボタンを入れるシートを作成
  2. HTMLが自動で反映されるシートを作成(LPO考慮)

この2つだけ。(2)に関してはその都度増やせばいいと思います。

①の例

こんな感じのシートが1枚。

「タイトル前方」がキャッチコピー部分。

「商品名」が商品名部分です。

これを入力すると、タイトル部分ですが

■完全版■Gackt愛用!メタルマッスルHMBの真実!口コミ!効果!最安値!

こんな感じに反映されます。

関数は超簡単。

=“■完全版■”&基本入力!C2&基本入力!C3&“の真実!口コミ!効果!最安値!”

黄色の部分は上の画像のシートの名前とセルを指定。

””の部分は当然最初に決めた文字を挿入しているだけです。

これをタイトルだけではなく本文の部分も同じように書いて行きます。

これはこのブログのテンプレートですが、TODAY関数とDATE関数で日付をタイトルに反映。

パーマリンクも同じく日付から反映。

本文の1列目は、このブログで毎日あげている際に使っているトップ画像URL

2~4列目は見出し。

上の画像ではディスクリプションの内容を弄ってませんが、商品名やキャッチコピーを自動でディスクリプションに反映させる事も当然OK。

実際男子コスメ部ではこの部分も自動で変わるようにしてあります。

使う関数は

  • 「””」で特定の文字を入れる事と
  • 「&」でつなぐこと
  • 「基本入力!C2」などで引用セルを指定すること

ただこれだけ。

マクロに関しては

<タイトルなど1つのセルをコピーするマクロ>

Sub 人生再出発基本記事タイトル()
Worksheets(“人生基本”).Range(“c2”).Copy
End Sub

<本文など複数のセル(列)を参照するマクロ>

Sub 人生再出発基本記事本文()
Worksheets(“人生基本”).Range(“c5:c8”).Copy
End Sub

これをただ単にボタンに埋め込んだだけ。

このマクロが埋め込まれたボタンをクリックすると、指定した箇所がコピーされている状態になるので、あとはタイトルや本文やディスクリプションに張り付ければいいだけ。

注意点

・失敗例

2017年7月18日のブログ()

分かるでしょうか?

テーブルと呼ばれる枠線が張り付けただけで勝手に挿入されてしまっています。

  • タイトル
  • パーマリンク
  • ディスクリプション
  • キーワード

この4つに関してはコピーボタンを押してペーストするだけで問題なく、このようなテーブルも挿入されませんが

本文部分

だけはペーストの仕方を考えてください。

考えると言っても単純なんですけどね(;・∀・)

ここです。

①を選択、つまりはビジュアルエディタに張り付けると勝手にテーブル化されます。

②のテキストに張り付ければ問題なし!

「うまくいかないんだけど!(゚д゚)!」

って方は、ビジュアルエディタに張り付けたんだと思います。

せっかく手抜きをしつつ、SEOとLPOとライティング最適化しようとしてるのに、いちいちテーブル消してたら時間かかってしょうがない(;´∀`)

すべてテキストに貼れば問題ありません。

最後に

なんてことないスーパー単純な記事ですが、一応問い合わせがあったので記事にしてみました。

有料であるExcelを使用しなくても、Googleスプレッドシートなどでも同じような事が…多分できる…と思いますので試してみては?

SEOやLPO構成も反映シートを複製して組み替えれば様々な商材や内容に対応できますし、すごく簡単。

是非お試しあれ(* ̄∇ ̄*)