人生、失敗。

「人生、失敗。」

  • 受験に失敗した
  • 自分の性格作りに失敗した
  • 就職活動を失敗した
  • 転職活動を失敗した
  • 就職先を失敗した
  • 転職先を失敗した
  • 仕事で大きな失敗をした
  • 結婚生活を失敗した

と思い付く感じのものを挙げてみましたが、検索してたどり着いたあなたに当てはまるものはあるでしょうか。私個人としての失敗、健康な体を得られなかった、これに関しては失敗というより運がないとしか言いようがないので入れていません。

人それぞれ価値観があり、何をもって「人生失敗」とするのかは難しい所です。他人から見て見れば大したことがないような問題であっても、等の本人からしたら重大な問題です。故に理解されずに悩み、時には間違った選択をしてしまう事もあります。

少なくとも現在このブログを見ているという事は、まだ最悪の選択だけはしていないという事。そんな方がこんなブログを見てくださっている事、とても感謝いたします。

少しずつですが、皆でこの理解されない苦しみを分かち合い、傷をなめ合ってみませんか?

インターネットだから出来る事だと思うのです。コメント欄を活用ください。

スポンサーリンク

・まずはじめに

私がいつも思い出し助けられる言葉を。

「Just because something doesn’t do what you planned it to do doesn’t mean it’s useless.」

何かが君の考えたとおりに運ばなかったからといって、それが役立たずだという意味にはならない。

トーマス・エジソン

ポジティブの神様みたいな方ですね(笑)

こんな風に自然に考えられたなら、どれだけ幸せかと思ってしまいます。

だけれど、実際にトーマスエジソンは自然とこのような考え方をする性格だったのか?

違うと思います。様々な名言を残しているトーマス・エジソンですが、その内容はこのようなポジティブに前向きに物事を考える方法、まるで自己啓発のような内容ばかりです。

真にポジティブな人だからこそ出た言葉というより、自分自身に言い聞かせているからこそ名言となって世に出た言葉なんだと私は思っています。様々な人に問いかけられるからこそ、このような言葉が出てくるという事も当然あるでしょうが、自身の性格に難があったり、難聴という障害を持っていたことも考えると、自分に言い聞かせていたのではないか?というような考え方がしっくりきます。

様々な世界で成功している人が口をそろえて言うように、出来ると思えば出来るし出来ないと思えば出来ない。自分で無理にでもこうやって言い聞かせているからこそ、発想の転換を出来ていたのではないでしょうか。

・受験に失敗した

受験に失敗した。

これは辛いのでしょう、そもそも受験で失敗するような学校を選ぶという事は、通っている学校であったり塾や家族などのコミュニティがそういう流れの中にあるのだと思います。

そして自分がその一団から後れを取る、外れる。

この疎外感、辛さの原因はここにあるのではないでしょうか。

でも考えてみてください。日本には有名大学入学が目標、つまり自身のゴールになってしまい、社会に出てから挫けてしまう方が実に多い。

有名大学進学というのは、当然その後の人生を有利に進めるものではありますが、すべてではありません。

もう一度受験したっていいわけですし、海外に留学しても良いでしょう。

なんならそのまま働いて起業して見ても面白いかもしれません。

人生のゴールは大学入学でも企業就職でもありません。

自分が死の淵に立った時、どれだけ自分が歩いてきた道が思ったより有意義だったと感じられるか否か、これなのではないでしょうか?

それなら受験に失敗したって取り戻すチャンスはまだまだある、長い人生のひと時でしかないと私は思います。

・自分の性格作りに失敗した

生きてきて振り返ってみると、自分が行ってきた行動を後悔し「失敗したな」と思う事は多々あるものです。

学生時代から社会人と歩んでいく中で、自分が行ってきた言動や行動を思い返し後悔する、今の自分の性格を考えて後悔する、周りを見渡し友達の少なさを見て後悔する。

キャラ設定に失敗したとでもいいましょうか。

タイムマシーンがあるわけではないので、こればっかりはどうしようもありません。

ただし、どうしようもないのは過去であって、未来に関しては変えられる。

性格なんて変わるものです。

性格は自分自身で変えるものでもあるし、環境で変わるものでもある、また周りを取り巻く人間関係で変わるものでもあると考えています。

何度もこのブログで言っている事ですが、仕事柄、経営者さんの相談に乗ることは当然多かったのですが、その他に学生さんの相談に乗ったりすることも負けず劣らず多かった、社員さんも同様です。

仕事の相談のみならず、進路の相談や恋愛相談、つまり何でもです。

こうして書いてみると、とても優しそうで気の良い性格なんだと自分でも勘違いしてしまいそうになりますが、少なくとも20代前半はこんな性格ではありませんでした。

そもそも人間が嫌い。

人となれ合うのが嫌い。

群れるのが嫌い。

目つきが悪く喧嘩を売られることもシバシバ。

ケンカは強くありません。

変えようと努力したのか?してません。

自分にとっての転機は地元を離れて働いたこと。今までの自分を知っている人間が周りに一人もいない環境な訳ですから、先入観を持たずに皆が接してくれます。

完全無計画で移住した私は、人が嫌いだったのですが仕事が中々決まらず、仕方なしに接客業に就くことに。

運が良かったのか分かりませんが、全く知らない土地で好きでもない仕事をすることになった私は、ストレスで激太り。その結果、目つきの悪さが消え、何故だかお客様の方から話しかけられるように。

今までそんな経験をしたことがない私は、当然当初戸惑っていましたが、友達でもない知人でもない「私に何の先入観も持たずに接してくれるお客様」だからこそ、次第に話が出来るように。

そんな私に常連さん達がどんどん話しかけてくるようになると、知らない間に人見知りはなくなり、楽しく自ら話かけられるようになっていました、過去の自分から想像もできないことです、実際に昔の友人に地元で合うと、あまりの変貌ぶりに驚かれるほど。

自分の努力で性格を変えようとするのも良いでしょう。

でも個人的な意見として今となって見ると、性格は通っていた学校、クラスメイト、先生、家族や親族、近所のコミュニティや時代時代の出来事、自分が目にし耳にしたこと、関わったものすべてで形成されるものだと思っています。

つまり、環境さえ変えれば苦にせず性格は変わるもの、そう信じています。

「性格はもう変わらない、失敗した」

なんて思っている方がいたら、一度でいいから試してほしい。

仕事を変えてもいいし、住む環境を変えてもいい、場所を変えてもいいし、何なら海外に出たって良い、これだけで性格は変わります。

そんな事簡単にできない。

確かにそうです。

でもこのような事で実際に性格は変わるものだと理解できれば、今の自分の性格だって替えれるはずだと思えませんか?

・就職活動を失敗した、転職活動を失敗した

上で述べたように、私の就職活動転職活動は結果的には成功と思っています。

でも、困って入った会社。つまり世でいう誰しもが入りたいと思っている会社ではありません。個人的には自分の人生を変えてくれた就職転職先だったわけですから、誰が何と言おうが大成功ですし、それ以外の会社に入っていたらどうなっていたか、考えるだけでも恐ろしい。

でも私の転職歴の中ですべてが成功という訳ではありません。

中にはとんでもないブラック企業だったなんて会社もあります。

ですが、転職に対してそもそも何の抵抗もなかった私は

「ああ、ここダメなやつだ」

ですぐ退職。

その後先ほど述べた会社に入社し人生が変わるわけですが、そこからはエージェントさんが運よくついてくれたおかげでとんとん拍子。まぁ病気になり無理やり独立した事を除けばですが…。

日本のある種美徳のような風潮である、転職せずに長く勤めて定年退職。

正直全く同調できません。

希望の職につけなかったとしても、結果的にいい方向に転ぶこともあります、私のように。

逆に希望通りの職についたのにもかかわらず想像と違い絶望する人もかなりいます、ニュースになったほど。

「希望の職につけなかった、失敗した」「就職浪人になってしまった失敗した」

取り返せばいいんです。

違い仕事をしながら希望の業界に入ってもいい。

就職浪人中に、その職で役に立ちそうな事学んでもいい。

寿命尽きるまで挑戦してもいいじゃないですか。

社会人一年目、二年目、三年目。

このあたりに大差なんてありません。

入社してから一気に取り戻してしまえばいい。

諦めないでください。

・就職先を失敗した、転職先を失敗した

入社する会社を失敗した。

これも良くあります。先に述べたように思ったような会社ではなく、勤めて見たらブラック企業。

また入社したからと言って、必ず自分がやりたい仕事につけるわけではありません、会社だけは希望通りだけど、配属先が全く希望通りじゃない。これも良くある話。

確かに最初に入社した会社が自分の希望通りで楽しく働けどんどん出世でき定年退職を迎えるのは素晴らしい事だと思います。

でも、そんなのごく一部です。

自分に向いていると思って入社したのに全くやる気が出ない、これは向いていないという事だと思っています。

だったら転職してしまえばいい。

今までの経験がすべてリセットされるわけではありません。

たった一度の人生、職を転々としたっていいです。

よく悪い言葉として使われますが、転職サイトを利用して職を転々とするときに、自分は経験を積んできたんだ!と本気で思って企業就職してみてください。

意外とよく言われる「職を転々」とイメージが違い、転職先毎にスキルアップしていく人も多くいます。

この典型的なパターンが私。

職務経歴書を見たら職を転々としていますが、その転々としている企業ランクは転職をするごとに上がっています。

転職→経験値リセット→転職→経験値リセット

必ずこうなる訳ではありません。

そう自分に言い聞かせ、実際に体験した事を見にし、職務経歴と自己アピールをすれば、今までの経験を継続したまま転職、時には今までの経験に見合わないようなポストで転職なんてこともあります、ありました。

悩んで苦しんで失敗だと悔やんでそのままいるより、新しい世界を見て見るのもありだと思いますよ。

・仕事で大きな失敗をした

あります。よく聞きます。

場合によっては企業経営を傾かせるような大きな失敗もあるのではないでしょうか?

失敗=経験

そう思える程度の失敗なら万々歳です。

そう思えないぐらい大きな失敗。

取り戻せばいいんです。

私だってありますよ当然。

でもその失敗の穴埋めを自分でしてみてください、埋まったころには前より断然評価があがっていますよ。

失敗を経験した上に、実力をつけた訳ですから評価があがらないわけありません。

失敗を知らない人はいない、隠すのがうまいだけ。

そんな隠すのがうまい人が経験できなかった失敗を経験できたのなら、その人を抜くチャンス。

でも時にはそんな頑張りを評価してくれない会社もあります、きっぱり辞めましょう、そんな会社こちらから願い下げです。

そして堂々と職務経歴書に失敗と穴埋め例を書いてあげましょう。

そんなあなたは引っ張りだこ。

どんな偉人でもどんな有名起業家でも失敗をします、成功している部分があまりに輝かしいため気が付きにくいだけですが、等の本人たちは失敗した過去を当然覚えています。だからこそ成功するんです。

失敗を経験しない成功ほど脆いものは無い。

失敗をした数や大きさに比例して、あなたは強く賢くなっていく。

心からそう思っています。

・結婚生活を失敗した

結婚する相手を間違えた。

結婚生活がうまく行かなかった。

人それぞれありますね…

私は結婚した相手を幸せにしてあげることが出来なかった。

詳しくはこちらで…人生をやり直したい

これももう過ぎ去ってしまった事。同じ過ちを繰り返さなければいいだけ。

私は、仕事がたとえうまく行こうとも、健康状態が落ち着くまでは付き合わないし結婚もしないと決めています。

うまく行かなくて相手の責任にできるならまだ幸せです。

不倫してなんてのも大問題ですがまだまだ幸せ。

自分の不甲斐なさで幸せにしてあげられなかった辛さは相当ですよ。

そして、いつか人生をキッチリ立て直し、健康な体を手に入れたら。。。

社会貢献をし、構想中の事業を展開し、その時元妻が不幸せだったら援助し、仮に幸せそうにしているならば、新たな相手を見つけれたらいいなと思っています。

やり直しは効かないけれど、再スタートならできる。

皆さんも一緒に人生再出発させませんか?