iPhoneで撮った写真をHEICではなくJPEGで保存させる

こんばんは(*´ω`)

さてiPhoneで写真やスクリーンショットを撮ってPCに送ったら

HEIC

なる拡張子に変わってました。

ブログやサイトを運営していてiPhoneを使っている方からしたら

めんどくさいことこの上なし。

どうやらiOSアップデートで仕様が変わり、今までJPEGだった保存方式が

HEICに変わったとのこと。

散々いじくりまわしてたら、解決法が分かったので記事に。。。

スポンサーリンク

HEICに変わってよかった事

画像やビデオが綺麗かつちょっと容量が削られるらしい。

ただまぁ実感はないです。

HEICに変わって面倒になった事

HEICはiPhone以外ではほとんど使えず、PCなどではまともに見れない!

解決方法

iPhone側の設定を変える

「設定」

「カメラ」

「フォーマット」

の順番で押していく。

高効率→HEICで保存される

互換性優先→JPEGで保存される

撮った写真のフォーマットがHEICになってしまっている方は高効率設定になっていますので、互換性優先にすればOK!

超簡単!HEICをPCに送ってから見れるようにするには

送られた画像の名前は

IMG_●●●●.HEIC

などになっていると思います。

最初にも書きましたが、これではPCで見られません。

特別なソフトは要りません。名前を変えるだけでOK。

IMG_●●●●.HEIC

赤いところを変えるだけで見られるようになります。

変え方。

ファイルを右クリックし「名前の変更」をクリック。

ファイルの名前を変えれるようになりますので

IMG_●●●●.png

IMG_●●●●.jpeg

のように、赤い部分だけ名前を変えてください(拡張子を変えてしまう)

「見れなくなる恐れが~」

などと注意文が出てきますが大丈夫。

拡張子はちゃんとドットを入れた後、半角英字で!

いつもの見慣れたアイコンに変わります(*´ω`)

まとめ

全然実感できていないHEICなのですが、一応iPhone推奨フォーマットということになるんでしょうかね?

高効率でちょっとだけ容量も削ってくれるとのことですので

写真は撮るけど自分で見るだけ

なんて方は高効率設定のままで、PCで使う時だけ拡張子をPCで書き換えるのは良いかもしれません。

ただまぁ実感はないです。

何より、一々変換するのも面倒ですし、他との互換性がほぼないと考えると、今あえてHEICを使っている意味があるのか?と思います。

では(*´ω`)