みっちーに届くかな?元足場職人がとび職を辞めた理由。周りを見て。

こんばんは!

早速ですが、私のかなり変わった経歴の中にとび職やってたの知ってる人いますかね?というか覚えてますかね?

結構本気でやってました。

でも辞めました。

辞めた理由

  • 社内の評価が正当なものかわからなかった(身内がトップだったので)
  • 鳶職(現場)だけでは将来必ず困ると思った、20歳ですでに。
  • 全身持病だらけで将来の不安に拍車をかけた

こんな感じです。

鳶職を含め、現場仕事を将来続けてやっていく中で

高給取りになり

尚且つ一生の仕事にする!

には、必ず独立しないといけません。雇われでは上限は決まりますし、体に限界も来る、一部の大手以外の現場仕事では自分がトップになる以外高給取りになり尚且つ一生続ける仕事にするのは不可能です、言いきれます。

もっと言えば、リスクを減らすために経営の多角化も視野に入れて1事業だけにならないようにしないといけません、特に現場仕事の場合、独立し法人化し従業員を雇い大人数になっても大手ゼネコンなどから仕事を”もらう”という形態からは抜け出せませんので、1つの道が詰まってしまったら即終了、それを予見して違う道も複数用意しておかないといけない、違う道とは飲食であったり物販であったり何でもです。

 

独立しうまく経営すればかなり儲かる

現場仕事を知らない方は、独立して従業員を雇ったところで高給取りになるか?と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、そこらの一流企業勤めでも稼げないほどの額を手に入れることはできます。

友人で塗装屋から独立した人がいますが、20代のころにはすでに年収数千万、年商ではなく年収です。

勿論ただ塗装屋をすればいいだけじゃなく、一軒家から大規模工場など幅広く手掛ける前提です。

しかも自分の会社が一次になることが大事。

ただ一握りです、ライバルが多すぎます。

これが一番の問題。

雇われ従業員なんて山ほどいます。

そんな中、数は少ないですがある程度経験を重ねれば現場に居続けることの限界が見えてきますし独立を視野に入れだすのは当たり前。そんなライバルがゴロゴロいて仕事を奪い合う。

 

自分の会社が直接お客様から仕事を取って来れるようにするのが最良。

この流れで行きつく先で一番最悪で将来も見えなくなるのは”応援メイン”の独立業者になってしまうこと。

 

従業員から応援に代わるだけで基本構造が全く変わっていない、使われていることに変わりはなく、しかも従業員で無いためいつ仕事が途切れてもおかしくないだけリスクだけ大きくなっている。

 

一番大事なことは

  • 人に教える能力
  • 人を引き付ける能力
  • 人を育て上げる能力
  • 人に夢を見せる能力
  • 時代に合った接し方ができる能力
  • 人を辞めさせない能力

会社に人が残る理由は

しっかりと教えてもらえ、上司にあこがれを持て、仕事を続けていけば会社が大きくなり現場仕事以外の自分のポストを夢見れ、働いていて嫌な思いをしない。

独立したいと思わせない能力が必要なんです。

部下に会社の展望を話し、将来困らない、ポストが出来管理職になれると夢見れる、これがないと残らない。

逆を言えば、人が集まらないすぐ辞めていってしまう場合は自分は経営者として向いていないかも?と考えるべきです。建設業は今人が集まらずただでさえ人財不足。有限である人財を消費浪費し続けてしまうのならどこかで限界が見えてきます。

怒られても殴られても辞めないような根性ある人間が集まるような時代じゃありません。

「自分の周りは根性ある奴いっぱいいる!」と思ってる方、自分の周りの人間だけ集めて仕事したとして会社は果てしなく大きくなりますか?

自分の周り=有限の人財なんです。

 

どんどん転職するのもいいですし、考えを改めて新たに挑戦してみてもいいかもしれません。

大体独立1年でその後の成功はわかります。

考えを改めてプラス1年、合計2年まで。

もし喋りなど、その他一芸があるならどんどん違う分野も試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました