これからの時期に必須!私のアレルギー(ダニ)対策

アレルギー記事2連発。思い出したら即行動!

ちゅうことで、私がこれからの時期に向かって毎回用意するものとどう過ごしているかを書いていこうかと思います。

散々お話していますが、食物アレルギーは少ないですが、花粉やハウスダスト、そして天敵であるダニやノミ各種。

んでこれからの時期必須になるのがダニ対策です(ノミは多分うちにはいない)

スポンサーリンク

ちょっと前までの私の対策

ダニやノミを倒すスプレー知ってます?

あの針が付いてて畳などにぶっ差して使う奴。

アレ先端部分を折り曲げると普通のスプレーとして使えるのですが、私はダニ対策にこれを布団やそこら中にばらまいでいました

はい、いました、過去形です。

なぜか?

私アレルギー体質なので肌も当然弱いのですが、これをやり始めたらダニは死ぬものの、私の肌も爛れて死ぬ(笑)

化学物質に過敏だという事なのでしょうけど、ダニ倒してるのに肌が真っ赤になりシャレにならんことに。それ以来私は一切この行為をやめました。

そもそもお風呂の漂白剤で掃除した後すぐに入ると、湯船につかる前から肌が赤く痒くなるほどなので、気づけよ!って話なのですが、当時は「ダニ」にしか目が行かなかったので…。

対策①

ダニに悩まされるのは私の場合年中ですが、特に夏、そして梅雨。

前にもこれ書きましたが、原因不明の肌のかゆみに対して、私にはやたらとエアコンの除湿が効きます。

冬の乾燥肌で痒くなるのに、夏や梅雨の時期は痒くなるどころか痒みが治まります。

原理はわかりませんが、アレルゲン?ヒスタミン?が肌まで出てくるのを防いだりする効果があるのでしょうか?

とりあえず、この後の時期ぐらいから、私の場合バシバシエアコンの除湿を掛けています。

そして不思議なのですが、除湿器じゃだめなんです、なぜかエアコンの除湿モードが一番効く。

謎ですが、皆さんも効くかもしれないのでやってみてください!

対策②

ダニ捕りを使う。

これ私にとってはめっちゃ当たり前の行為で、ダニの数が少ないであろう時期にはダイソーなどで売ってるダニ捕りシートを布団やマットの下に大量にまき散らすのですが、これからの時期だと中々難しい。

ちゅうことでこれ紹介。

PR

殺虫剤を使わないから安心!安全!【ダニ捕りロボ】

ダニ対策は安心の日本製、Getダニ捕獲シート

上の商品がAmazonで1位。

下も人気があり、私両方使った事があるのですが、これは効きます。

何にもいないはずの布団の中で、なぜか肌がムズムズする感じ、あれはダニだと思ってます。

これがこれ使うと無くなるんですよね。

設置の方法は人それぞれだと思うんですが、私はベッドがあって、その上にマットレス、更にその上に布団を引いてる3重構造なのですが、大抵ベッドとマットレスの間、マットレスと布団の間に頭、胴体、足、と3か所、合計6枚敷いてます。

多分これはやり過ぎだと思うんですが、これぐらいやらないと痒みが出た時に後悔しそうなのと、あのムズムズ感を一回体験したら、大抵その夜は寝れなくなるので常備です。

100均のは効果が分からないので、ダニがあまり多くないと個人的に感じている冬あたりから使うのですが、一度に12枚、つまりそれぞれの間に、頭2つ、胴2つ、足2つ敷いてます。また3か月ぐらい持つそうなのですが、マットレスを揚げたり布団を干す際に大抵変えてるため、恐ろしいサイクル。

普通に買った方が多分安いけど、ついつい100均で買ってしまう罠。

対策③

レイコップとスチーマーのダブル攻撃。

1.平日はレイコップ

寝る前にさっとレイコップで吸い取ります。

2.数日に1回H2O高圧スチームの熱で倒す。

お風呂場や台所掃除用ですが、100℃のスチームが出るので、それを満遍なくマットレスや布団や枕に直接噴射し倒してます。その後スチームの湿気が多少残るので、風通しが良く、当然新たにダニが付着しないような場所で天日干し。

PR

H2OスチームFX

ふとんクリーナーはレイコップ

んで正直これだけでもいいのですが、そもそもの基本対策として次の項目。

対策④

布団カバーとマットレスは必ず黒色を使用。

これも知ってる方がほとんどだと思いますが、良く布団を干してパンパン叩けばダニが死ぬと思っている方がいるそう。

ダニは天日で死ぬのではなく熱で死にます。

大体温度でいって50℃。

つまり普通の布団では50℃にならないので死にません。

それも考慮し、私は基本的にすべてのカバーを黒色で統一。

黒色なら夏ベランダで干してもかなり熱くなるのでOK。

時には車内(今は車ないので、親の車に積んでもらいます(笑))に持っていきダッシュボードの上に積み込む事で殺すこともあります。

車内ってダニいないですよね?

あれ結局社内の温度がダニの死ぬ50℃以上になりやすいからなんです。

つまり、風通しの良いベランダでいくら夏と言えど、白色などの布団を干してパンパンやっても私的には不十分という判断です。

PR

エムール ボックスシーツ セミダブル 綿100% 防ダニ 抗菌 防臭 日本製 ビターブラウン

新品価格
¥3,690から
(2017/4/28 14:27時点)

冬の場合は、黒色のビニール袋の大きいやつを用意し切り開き、黒色のビニールテープでつなぎ合わせ、その中に布団を放り込み口を閉めて干すというより蒸します。

その後風通しの良い所で干してパンパンやって終了。

PR

ゴミ袋 50枚 黒 45L用 ST-45K

新品価格
¥698から
(2017/4/28 13:47時点)

ニトムズ ビニールテープ幅広S 黒 50mm×20m J3447

新品価格
¥308から
(2017/4/28 13:49時点)

こういう強いゴミ袋とビニールテープの幅広バージョンで自作してます。

覆うのではなく袋状にして中の熱が逃げないよう口を閉じる、これ重要。

PR

タダプラ Shee 黒布団干し袋 【サイズ約150×210cm・黒色仕様で太陽熱を効率よく吸収、花粉や埃で布団を汚さない! 】

新品価格
¥536から
(2017/4/28 14:24時点)

※追伸、こんなの売ってるんだね…知らなかったわ( ✧Д✧)

対策⑤

お前はそこまでやるか!?

ってツッコミきそうですが、マジでやってる対策。

んで最終的に、これについても月一回ですが、マットレスの上に敷いてる敷布団と掛け布団をコインランドリーで洗浄&乾燥機で乾燥。

洗浄もいいのですが、乾燥機は中々の温度になる為死滅してくれるものと思っています。

マットレスの上に敷布団敷いてる理由がこれ。

マットレスはレイコップや高圧洗浄機、ビニール袋大作戦で何とかやるものの、やっぱりそれだけでは私にとっては心もとない(笑)

なので直接肌に触れる部分である敷布団をあえてマットレスの上にしいて、その敷布団と掛け布団と枕は月1回丸洗い&乾燥機。

当然それぞれのカバーも黒統一で一緒に洗う。

真っ黒なベッドルームなので黒好きなのか?とよく聞かれますが、完全にダニ対策でございます。

と対策をジャンジャン書きましたが、これでも多少は蕁麻疹でます。

ダニなのかハウスダストなのか化学物質の影響なのか…

んでも、多分ですが、ダニ対策やってなかったらもっと悲惨な蕁麻疹が出ているはず!と思っているんで気にしてません、これだけやれば自然と清潔になるしね!

ここまでやれとは言いませんが、どれか一つでもお役に立てれば幸いです。